事例紹介

  • 事例紹介

1人1人の症状に合わせたサポート内容をご紹介!

寄り添った訪問で、症状が安定へ

症状

統合失調症( 50代男性 )

自分自身の病気の自覚に乏しく薬の服用を拒まれており、幻覚・妄想状態で周囲への迷惑・他害行為を繰り返し、入退院を繰り返していました。

  • 病気の未自覚
  • 幻覚 / 妄想
  • 迷惑 / 他害行為
サポート

訪問当時は部屋に入れてもらえず、玄関先での訪問が続きました。
相手に寄り添った訪問を継続し、相手の価値観や人生観を傾聴することと、幻聴・妄想による不安に対して共感することで、少しずつ心を開いていただきました。

効果

不安な気持ちに寄り添い、丁寧に疾患について説明することで自分自身の症状を客観的に捉えるようになり、薬も服用できるようになったことで当初より入院の頻度も軽減されました。
症状が安定したことによって周囲への迷惑行為もなくなり、地域住民とも良好な関係を築いて自分の暮らしができるようになってきました。
現在では、訪問時に幻聴・妄想への対処法を自分一人で悩むのではなく訪問看護師に相談できるようになりました。

本人の断酒の意思を支え、断酒の期間を更新

症状

アルコール依存症( 40代男性 )

アルコール依存症の認識はご本人にもおぼろげにありましたが、断酒が続かず飲酒を繰り返しては無銭飲食や暴力行為で警察に保護され措置入院を繰り返していました。

  • 断酒できず
  • 無銭飲食
  • 暴力行為
サポート

ご本人も断酒の必要性は理解されていたので、支持する姿勢を保ちながら、訪問の都度アルコールによる弊害を説明。また、断酒会や地域のグループワークにも毎日参加するように促すほか、飲酒欲求が強くなる夕方に訪問し、断酒の先にどのような生活が送れるかを描き、寄り添う姿勢で一緒に断酒に取り組みました。

効果

その結果、3年間の断酒に成功。暴力行為などの警察沙汰もなくなりました。断酒会へは現在も継続して参加できており、現在は就労もしており社会復帰することができました。

治療の効果をご本人が実感出来るようになった

症状

統合失調症( 30代女性 )

病気の自覚に乏しく、内服が不規則になる。そのため退院しても1か月程で幻覚妄想に左右されるようになり、幻聴による迷惑行為、逸脱行為が見られました。警察に保護されるなど医療保護入院を繰り返していました。

  • 病気の未自覚
  • 幻覚 / 妄想
  • 迷惑 / 逸脱行為
サポート

治療・服薬に非協力的で受診も不定期でしたが、ご本人の訴えに耳を傾け、否定も肯定もせず感情に寄り添うことから始まりました。
そうした中で、服薬や睡眠、ストレスへの対処法を、一緒に考える対話の日々が続き、少しずつ自分自身の症状に対して自覚していただけるようになってきました。

効果

治療・服薬の必要性を繰り返し説明するうちに、処方通りの服薬、予約通りの通院ができるようになりました。
適切な服薬管理を一緒に行うことにより幻覚妄想が軽減し、服薬の大切さを自覚できるようになり、症状が安定し再入院することなく過ごせています。
現在は社会復帰を目指し就労訓練施設に通っています。